639 番地。静岡・清水の奥の方に構えた工房の番地です。ここの場所から、モノを通じて感動を与えたいと挽物所639 という名になりました。

works

  • 加工その1 ろくろ

    主に器やお盆など、片方ずつ型持ちにセットして加工する技術。
    約300mm径×80mm厚の材料加工可能。

  • 加工その2 機械倣い旋盤

    数が多い製品や正確な寸法を機械刃物で加工する技術。
    約80mm径×長さ800mm

  • 加工その3 旋盤

    家具の脚など、木口材料を両方ツメで固定しながら、
    手バイトで加工する技術。
    約200mm径×長さ1500mmの材料加工可能。

about

  • 挽物師 百瀬 聡文 モモセ トシフミ

    1983年 生まれ
    静岡デザイン専門学校卒業後、
    静岡市伝統工芸技術秀士 挽物師 岸本政男氏、真紀氏に師事。
    2011年 挽物所639 設立
    2013年 山に囲まれた古民家(築150年)で
    moyocami gallery オープン

    木工ろくろ、旋盤を使い、木の皿など、丸いものなら何でも製作してしまう。 数十年前は沢山いた挽物師だが、ここ最近は数えるほどになってしまった。

contact

  • 挽物所639
    424-0401 静岡県静岡市清水区中河内639 番地
    tel&fax : 054-396-3883