お知らせnews

#News

2020.12.15

新工場

新工場に移転して、
あーでもないこーでもないと仕事の合間をみて
棚を作ってみたり、道具の置き場を考えたりと
毎日楽しい時間を過ごしています。
 
「まあこれで良いかっ」ではなくて
何十年も使うと考える。
魅力的だなと思えるその時の最大限の力を
棚一つでも注ぎ込む。
 
ここから始まる物語にワクワクして
心と技術を更に磨き上げようと
努力する次第です。
 
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

#Event

2020.11.29

matohu 表参道

いよいよ、12月1日(火)~12月13日(日)まで
表参道のmatohuさんで展示会が始まります!!
ぜひ、お近くの方はどうぞお越し下さい。

 

今回、在廊致しませんが
「モノを通じて感動と幸せを!!」
という挽物所639のコンセプトは変わらず
商品に心を込めて一生懸命ひとつひとつ丁寧に挽きました。

 

挽物(ひきもの)とは、木材を回転させてノミで削る木工藝のこと。
その産地として名高い静岡で、今注目されている若き才能が百瀬聡文。
オリジナルのバターナイフや器など、確かな技術で生み出された作品を展示販売。
また、matohuとコラボした新商品「木偶(きぐう)」は必見!

土偶の形を木で作ったオブジェは、柔らかな年輪がやさしく、アロマオイルを入れても楽しめます。
そのほかピアス・イヤリングを、好みの木材でオリジナルオーダーできる企画も!
木の質感を生かしたアイテムで、こもりがちな生活に自然の癒しを感じてください!

matohuゲストアーティストシリーズ Vol.12
挽物所639 −「ひかれる形」展

2020年12月1日(火)~13日(日)
matohu表参道本店
11:00~19:00
TEL:03-6805-1597
Mail:matohu-shop@lewsten.com

https://www.matohu.com/news/?p=730

#Event#News

2020.11.17

惹かれる挽物

matohuさんの、
堀畑裕之さんと関口真希子さんにお会いしたのは
去年の夏の頃。

 

堀畑さんのゆっくりとした喋りに虜になってしまったのは、
言うまでもない。優しい口調と何事も真剣に掘り下げていく心。
「掘り下げていくのは、堀畑だから。」と、笑う顔が素敵でした。

 

関口さんの相手を思いやる心は、包み込まれて居心地が良い。
自分も素直になろうと思えた時でした。
まとふさんのスタッフさんに優しい言葉をかけていたのを
強く覚えています。

そんな、お2人が去年の夏に工房に訪れてくれて
着々と進んできた木偶とアクセサリーが
お披露目、販売されます。

挽物所639の初個展となる東京表参道での展示を
楽しみにしていて下さい。

 

https://www.matohu.com/

 

【挽物所639 「ひかれる形」展】

2020年 12月1日(火) ~ 13日(日)

木地をロクロで削って形をつくる「挽物」の若き才能、百瀬聡文の工房「挽物所639」。
彼の挽いた「惹かれる形」のアクセサリーや器、花瓶と合わせて、
matohuがデザインした「木の土偶 = 木偶」も新作発表します!

会場 : matohu表参道本店
住所 : 東京都渋谷区神宮前5-9-25 1F
TEL:03-6805-1597
営業時間:11:00 – 19:00

#News

2020.02.16

pen

学生の頃、上質な日常に憧れて

背伸びして読みあさっていた

「pen」。

 

そのpenに掲載して頂くとは、思ってもいなかったので
夢を見ている気持ちです。

 

ペンで書いた様な、ぬくもりのある雑誌。

 

Pen特別編集号「Back to Humanity」
発売日:2/14(金)

 

素敵なバレンタインになりました!!

 

#News

2020.01.19

渋谷 PARCO → ANREALAGE

渋谷PARCOに、300%ライダースジャケットが展示してあります。

 

光栄です。

 

https://www.fashion-press.net/maps/19520

 

#News

2020.01.09

誕生日そういう大事な日に

37歳になりました。

 

一瞬の喜びがあれば、一生のエネルギー

に変えてくれる。

 

山に住んでいると奇跡的に、流れ星

を見る事があります。

 

1人で見ても嬉しいのですが、2人で見ると感動してしまう。

 

そんな、、、一瞬を大事にする歳になる事を願っています。

#News

2019.12.30

2019・12・30

本年も大変お世話になりました。

 

先日の京都でのトークショーでは、
「ここまでこれたのは、仲間がいたからです。」
と言いたかったところを感極まって、「仲間」のところで
喋れなくなったのが恥ずかしい思い出です。

 

今年は今まで以上の経験と成長でした。

自分1人だけでもやれると思っている事も
実際には自分1人ではなく
周りの力があってこそという事が
とても身に染みました。

 

来年は、新しい工場に引っ越し
新しく迎える仲間と一緒に「挽物所639」の地盤創りと共に
挑戦し続けていきます!!

 

来年も変わらずよろしくお願いいたします。

#News

2019.12.26

工場移転

1日過ぎるだけなのに、、、
年が変わると、身が引き締まる思いがするのは
自分だけでしょうか?

 

今日が勝負の日と思って、毎日を過ごしてきましたが
「今日が勝負です!!」

 

「工場、引っ越しします!!」

 

今年初めに 掲げたスローガンが

「挽物所639をチームとして!!」

 

新たなステップに進む為、人生をかけて捧げます。

 

#News#Work

2019.12.05

その瞬間に

 

 

 

 

大きな山に登った その瞬間をこれからの糧にしていきたい。

 

気が張り詰めた瞬間の連続で 、

へこたれそうになった瞬間、

包み込んでくれた家族の優しさ、

一緒になって貫き通してくれた仲間、

そして アンリアレイジ 森永さんとアンリアレイジチームに感謝。

 

その瞬間を次に届けたい。

 

山口有一 : 心を映し出す写真家

#News

2019.11.25

山という道のり

今回の試みは、「挽物所639」にとって

大きな可能性を見出せる機会になりました。

 

このプロジェクトは、

トップクリエイターである

ANREALAGE ファッションデザイナー 森永邦彦さんに

「 大きな山に一緒に登りましょうよ!?」と誘われた気持ちでした。

 

今まで登った事のない 高い山でしたが、

森永さんが ワクワクする様な頂上のお話しをしてくれるので

そんな頂上の景色見てみたいと強く思ったのを覚えています。

 

ところが いざ登ってみるとルートも分からず

行ったり来たり 、、、横道にそれて眠れなかった事もありました。

眠れてもルート探しの夢を見るほどでした。

 

それでも 諦めず、最後まで挑戦し続けて、燃え続けた結果

ここまでこれたのだと思います。

1番近くで支えてくれた家族と挽物所639の仲間がいてくれたから。。。

 

ビックチャンスを与えてくれたLEXUS様に感謝です。

 

ここからが始まりです!!

 

<森永 邦彦氏プロフィール>

2003年「アンリアレイジ」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。同年、東京タワー大展望台にてコレクションを開催、以降東京コレクションに参加。2014年秋よりパリコレクションデビュー。2017年、ANREALAGE FLAGSHIP SHOPをオープン。18年東京でAT TOKYOコレクションを発表。国内外50店舗で販売されている。

―――――――――――――

 

<CREATORS connection>

日時:11月29日(金)~12月1日(日) 全日10時~17時

場所: 京都 平安神宮 額殿

公式HP:https://lexus.jp/brand/new-takumi/craft-connection-kyoto/